doctor3_2_128_128

高速道路会社発行の法人ETCカードとはどんな法人ETCカードなのでしょうか?

高速道路会社発行の法人ETCカードとは

高速道路会社発行の法人ETCカードとは、高速道路の関連会社が発行しているクレジットカード機能のない法人ETCカードのことを意味します。

法人ETCカードは、クレジットカード会社が発行しているものと高速道路会社が発行しているものの2種類しかないので、クレジットカード機能のない法人ETCカードと言えば、高速道路会社発行の法人ETCカードということになります。

高速道路会社発行の法人ETCカードにはクレジットカード機能がない為、有料道路を通行して1ETCレーンを通過した場合に通行料金というのは、後日請求書という形で会社に送られてくることになります。

請求書による通行料金の支払いになるのです。

高速道路会社発行の法人ETCカードには保証金がある!

クレジットカード会社が発行している法人ETCカードの場合は、高速道路会社に通行料金の支払いはクレジットカード会社が立て替えて行うことになります。仮にその後クレジットカードの引き落としができなくても、クレジットカード会社が損失を被ることになるのです。

しかし、高速道路会社発行の法人ETCカードの場合には請求書を介した直接の取引なので、振込みが行われないという事態が発生すると困るのです。

そこで、高速道路会社発行の法人ETCカードを作るときには最初に保証金を支払うのです。

保証金は、デポジット、出資金などと呼ばれています。

この保証金は1万円程度の金額ですが、請求書通りに振込みが行われなかった場合にここから切り崩されてしまうのです。保証金は退会時には返却されるものです。

保証金の支払いが面倒という場合には、クレジットカード会社発行の法人ETCカードを選ぶべきなのです。

高速道路会社発行の法人ETCカードは保証金があるから審査はない

高速道路会社発行の法人ETCカードは保証金の精度があるため、法人カードのような審査はありません。

起業直後であっても、赤字決算であっても、高速道路会社発行の法人ETCカードは作れる可能性が高いのです。

クレジットカード会社発行の法人ETCカードを取得するための法人カード審査に通らない方には高速道路会社発行の法人ETCカードがおすすめなのです。