man4128_128クレジットカード会社発行の法人ETCカードには、さまざまなメリットがあります。しかしながら、大きなデメリットとして「審査が厳しい」という点があるのです。

法人ETCカードの審査が厳しいのではなく、法人ETCカードの親カードである法人カード自体の審査が厳しのです。法人カードの審査に通らなければ、クレジットカード会社発行の法人ETCカードも当然作れません。

法人カードの審査が厳しい理由

法人カードは会社が発行するクレジットカードなので、個人のクレジットカードよりも審査が厳しいのです。

そもそも、なぜクレジットカード会社がクレジットカードを発行するときに審査を行うかというと、貸し倒れを防ぐためなのです。

クレジットカードで買い物をしてから、銀行口座から引き落とされるまで1ヶ月~2ヶ月の期間があります。この間は、クレジットカード会社が加盟店に立替払いをしているようなものなのです。

立替払いなので、口座から引き落としができなくなってしまう、返済が行われなければ、その分は貸し倒れ損失として、クレジットカード会社の損失になってしまうのです。

個人であれば給料所得があるサラリーマンは、いきなり減給があったとしても、クレジットカードの返済ができなくなるレベルというのはめったにありませんし、解雇されたとしても別の会社に転職すれば良いだけなので、貸し倒れはめったに起きません。

しかし、法人・会社経営というのは非常に不安定なもので、起業して3年以内に7割の会社は倒産するのです。それだけ貸し倒れリスクが大きいので、法人カードの審査は厳しく行われているのです。

法人カード審査で重要視されるのは事業歴

法人カード審査で重要視されるのは事業歴です。

サラリーマンでいえば勤続年数のようなものですが、起業して3年以内に7割の会社は倒産すると言いましたが、企業が生き残るのは思っている以上に難しいのです。

そのため、事業歴が長ければ長いほど、会社の信用というのは大きくなるのです。

逆に言えば、起業直後の会社なのでは法人カードの審査に通らないケースも多いのです。

法人カード審査で落ちたら、法人ETCカードは作れないの?

そんなことはありません。

クレジットカード会社発行の法人ETCカードは作れませんが、高速道路会社が発行している審査が必要ない法人ETCカードは作ることができるのです。

高速道路会社が発行している法人ETCカードを申込みましょう。