etc_corporate_cardETCコーポレートカードは、高速情報協同組合が発行しているクレジット機能のない法人ETCカードです。高速情報協同組合は平成5年に設立した組合で、法務省・福岡財務支局・福岡国税局・文部科学省・九州厚生局・九州農政局・九州経済産業局・警察庁・九州運輸局・九州地方整備局・九州地方環境事務所・内閣総理大臣に認可されています。

ETCコーポレートカードの特徴は、発行主体が東/中/西日本高速道路株式会社になることです。そのため、法人カードに付帯される法人ETCカードにはない独自のETC割引特典があるのです。これが最大の特徴と言えます。

ETCコーポレートカードの独自の割引制度/1枚ごと

首都高速道路、阪神高速道路の利用額/1枚ごと割引率
5,001円~10,000円まで10%
10,001円~30,000円まで15%
30,001円~50,000円まで20%
50,001円~20%

法人ETCカードと同様に「クレジット機能がないこと」「請求書による請求であること」「審査が必要ないこと」「枚数制限がないこと」という特徴もあります。メリットがある反面、手数料が有料で退会時に返却される出資金(デポジット)も必要になります。

独自の割引が適用される首都高速道路、阪神高速道路の利用額が大きい企業におすすめの法人ETCカードです。

ETCコーポレートカードの概要

発行会社(組合)高速情報協同組合
カード発行手数料(税別)570円
出資金(退会時返還)10,000円
年会費/年間取扱手数料(税別)570円
初年度年会費0円
2年目~年会費0円
走行距離に応じた手数料5%
ETCカード発行枚数制限無制限
独自の割引特典通常のETC割引+最大20%の割引
発行カード会社東/中/西日本高速道路株式会社
車両限定ETCコーポレートカードに表示された車両に限定
利用可能場所どこでも
発行スピード-
ETCコーポレートカード公式サイトはこちら

ETCコーポレートカードのメリット

  • 首都高速道路、阪神高速道路で独自の割引が最大20%適用される
  • 請求書による請求
  • 審査がない
  • 枚数制限がない
  • 限度額がない

ETCコーポレートカードのデメリット

  • クレジット機能がない
  • ポイントがつかない
  • 車両の制限がある
  • 出資金(デポジット)が必要
  • 発行手数料・取扱手数料が必要

ETCコーポレートカードの独自分析

ETCコーポレートカードは、クレジット機能のない法人ETCカードの中では高速道路利用で力を発揮する法人ETCカードといえます。法人カードに付帯される法人ETCカードにはない独自のETC割引特典は、通常のETC特典に加えて、最大20%の割引が適用されるからです。

月3万円超の高速道路利用がある場合には、常に高速料金が2割引になるメリットがあるのです。発行手数料・取扱手数料は若干法人ETCカードでは高いのですが、それでも割引メリットの方が大きいと言えるでしょう。首都高速道路、阪神高速道路の利用額が大きい企業におすすめできる法人ETCカードです。

ETCコーポレートカードのスペック

人気ランキング3位
法人ETCカード名ETCコーポレートカード
ETCコーポレートカード
発行会社(組合)高速情報協同組合
カード発行手数料(税別)570円
出資金(退会時返還)10,000円
年会費/年間取扱手数料(税別)570円
初年度年会費0円
2年目~年会費0円
走行距離に応じた手数料5%
ETCカード発行枚数制限無制限
独自の割引特典通常のETC割引+最大20%の割引
利用できる方法人経営者/個人事業主
発行カード会社東/中/西日本高速道路株式会社
車両限定ETCコーポレートカードに表示された車両に限定
利用可能場所どこでも
発行スピード-
支払いサイト月末締め翌月20日請求書発行、翌々月8日引き落とし
詳細詳細
ETCコーポレートカード公式サイトはこちら
口コミ評価
評価日
評価対象
ETCコーポレートカード
口コミ評価
31star1star1stargraygray